不動産の買取

不動産を買い取ってもらう場合のポイントについて紹介したいと思います。土地や家などを売ろうと思ったら、その仲介を不動産会社に依頼して、不動産の買い手を探してもらうそういった流れをイメージするかも知れませんが、不動産買い取りをしてもらうという方法があると思います。

 

こういった方式ですと買取価格は査定をする会社によって買取価格も違ってきますので、売却をしたい不動産の買取価格がいくらになるのかをしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということで提出された見積もりが思ったよりも安い時は、比較をするために他の不動産売買業者にも聞いてみることです。最初から、何軒かの業者に対して不動産の買取価格の査定を依頼するということをおすすめしたいと思います。

 

または、よくある方法なのですが不動産広告を出して、なかなか購入者が居ない場合には買取をすると不動産会社から打診があるといった場合もあるようです。しかし、現実問題として不動産業者は仲介手数料だけもらうより、買取って転売した方が儲かることを知っているので、自分たちの利益を優先するために適当なことを言ってなかなか買い手がつかなかったとして不動産会社が買い取ったという形にして足元を見て安い価格て買取りしようとして転売して儲けようとするような不動産業者というのもあると聞きますので、一社だけに聞いて不動産を売却するのは危険です。